ホームページ入門

ホームページ入門

ホームページ入門

今更、ホームページについて、お聞きするにはお恥ずかしい話ですが、改めて極普通に人が自社(自分)のホームページを作りたい、作らなければならない状況になった際の手解きをさせていただきます。
筆者もまったく同様に素人が独学で様々なサイトを検索して辿り着いた方法を記載します。

 

ホームページ(サイト)に意義

ありとあらゆるサイトがネット上に溢れているので、此処で再認識する必要もありませんが、意義・目的について簡単に整理します。
ホームページは企業では社のイメージアップや商品広告・人材募集などに活用され、流通・サービス・小売業は加えて予約・通販などの直接販売手段にまで拡大・拡張されています。
さらには国や地方自治でも議会報道や各種条例の通知・通達、住民サービスのための広報業務に活用され、公益法人や法人格の無い団体などでも広報活動に広く利用されています。
今やホームページを持たない組織は時代に取り残されたと、とられかねません。
是非、チャレンジしてみましょう!

 

ホームページ開設で必要なもの
パソコン

パーソナルコンピュータ

 

ブラウザ

ホームページを見るためのソフトウェアー、ブラウザが必要です。
国内では、ほぼ9割がInternet Explorerで、ほぼ全てのパソコンに初期設定されています。

 

テキストエディタ

テキスト文書を編集するためのソフトで、一般的にはメモ帳やワードパッドが主流です。

 

TFPソフト

作成したホームページをインターネット上に公開するためのソフトです。
Windowsの場合はFFFTP(無料)が一般的です。

 

画像編集ソフト

Windowsの場合はペイントでもOK、ベクター、point shop、FastSton Captureが便利です。

 

画像や音楽などの素材

素材の森・・・無料で配布されています。

 

デジカメ・スキャナー

100万画素数以上がベター

 

サーバーを準備する

サーバーとはインターネットに繋がっているコンピュータ(ハード・ソフトを含む)システムであり、次の要件を有することが重要です。

常時起動・連続運用に耐えられる安定性がある
膨大なアクセスに対応できる処理性能を有する
安定稼動させるためのセキュリティー機能が万全である
障害発生時などに素早くメンテナンスするための保守性能・体制が充実している

 

サーバー利用方法

個人や中小企業が利用する場合はレンタルサーバを活用します。
レンタルサーバーには有料と無料があり、機能的には差はありませんが、無料の場合は容量に制限があることと、広告が表示されるので、ホームページの内容に適さない場合は有料のレンタルサーバーを利用されることをお勧めします。
レンタル会社には無料と有料の双方を揃えているところがあり、初心者は無料版でしばらく運用し、慣れて自信が持てた段階で有料版に切り替える方法も選択肢の一つです。

 

お勧めのレンタルサーバーのご紹介

 

無料から使える高機能・高品質レンタルサーバー XREA(エクスリア)

 

安価で快適に!月額150円〜でWordPressが使える!【リトルサーバー】

 

高速SSD・アダルト可能・多機能【FUTOKAレンタルサーバー】

 

 

ドメインの取得

ドメインとはインターネット上に存在するコンピュータやネットワークを識別し、階層的に管理するために登録されている名前で、重複しないように発行・管理されています。

 

アルファベット、数字、一部の記号の組み合わせで構成されていたが、近年では日本語など各国独自の言語・文字でドメインを登録できる国際化ドメイン名も利用できるようになった。

 

ドメインの取得は、個人でも法人・事業所など誰でも可能で、取得したドメインを 独自ドメインといいます。
ドメインを取得して レンタルサーバーを借りれば、ホームページの公開をすることができます。

 

個人や法人・組織など特に制限がなく 取得できるドメインに、汎用トップレベルドメインには、
「com」、「net」、「info」、「biz」、「org」、「jp」・・・・・などがあります。

 

ホームページのURLの構成

http://○○○○○.jp/
httpというプロトコル(規格)に準拠しているという意味です。
○○○○○.jpはドメイン名

 

お勧めのドメインの取得先のご紹介

 

ドメイン登録、ドメイン取得なら1円からの【お名前.com】