ホームページの作り方

ホームページの作り方

ホームページの作り方には主に4つの方法があります。

 

個人や小規模企業などで初めてホームページを作成する場合には、次の4通りの方法を詳しく吟味されるとよいでしょう。

 

ホームページの目的や自身のスキルに合わせて適した方法を選択すれば、手間暇を掛けることなく簡単に作成することができます。

 

1.ホームページ作成ソフトを使って作る

「ホームページビルダー」などの市販ソフトウェアを購入して使う方法です。初心者向けからプロ向けまで様々なホームページ作成ソフトウェアが発売されています。また、「Microsoft Expression Web」のように無料の作成ソフトもあります。

 

市販ソフトの中には体験版を配布している製品もありますから、実際にいろいろ試してみるのがお勧めです。

 

「IBM ホームページ・ビルダー」は、幅広くこなすホームページ作成ソフト

 

2.CMSツール(ブログツール)を使って作る

元々ブログサイトを作るためのツールとして作られた「WordPress」(ワードプレス)や「Movable Type」(ムーバブルタイプ)などが有名です。
ブログを中心としたホームページを作りたいなら、CMSツールが最も便利です。独立したページの作成機能もありますから、「ブログ+複数の単独ページ群」のような構成でも簡単に作れます。

 

3.ウェブ上のホームページ作成サービスを使って作る

ウェブ上でホームページを作成するサービスで、更新作業がブラウザ上の操作で済むだけではなく、公開場所の確保も含めたあらゆる準備作業もブラウザ上で済みます。
レンタルサーバー、ドメイン設定等々の手間と費用が全て込み込みとなっているので、趣味の会などの単純な場合の制作に最適です。

 

無料から誰でも簡単にホームページができるホームページ作成サービスJimboです。

 

質問に答えるだけでホームページを自動生成【BiNDクラウド(バインド)】

 

たった15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】

 

おちゃのこさいさいは、店舗向けにホームページをキレイに手軽に作成できる

 

 

4.テキストエディタを使って作る

ホームページを構成する各種定義(命令)のソースを直接記述する方法です。HTML・CSS・JavaScriptなど、ウェブページを構成する各種定義(命令)はテキストエディタだけで記述できます。

 

ホームページの作り方を選ぶ基準

それぞれの作り方には、様々な特徴(利点)があります。
詳しくは次の表にざっくりと「自由度」・「スキル」・「費用」・「特徴」の4点で比較をご紹介いたします。

 

※@〜Bの各種ソフトウェアもサービスも多種多様ですので、全てが上記の内容に必ず当てはまるというわけではありません。

 

以上、4通りの制作方法を記載しましたが、どれか一つに限定しなくても、組み合わせて利用することも可能です。

 

例えば、家一軒を初心者が建てようとすれば、当然不可能です。
設計を行い、基礎工事、柱・梁を作り、組み立て、屋根・瓦を乗せ、外装・内装、電気工事・水道工事の施工・・・ありとあらゆる工程があります。

 

但し、出来上がった家の一部をリフォーム(壁紙の張替え)程度ならできそうな気がしますよね!

 

最近、テレビでよく見掛けるのが、芸能人のヒロミさんや森 泉さん、お笑い芸人の尼神インター渚さんの改装工事です。

 

この方たちもプロではありませんが、目を見張るような改装をされると思いますがいかがでしょうか?

 

筆者がホームページに取り組んだのはこの方法です。

 

最初に無料体験版のホームページビルダーで、基本的な部分は全て作成して公開まで、無料期間中に完了させ、後にソースリストを印刷して、HTMLの各タグの意味を一つひとつ調べてはアレンジを進め、多
少慣れた時点でソースプログラムをコピーして新たなHPにチャレンジしました。

 

また、CSSはWebページの見栄え・スタイルを定義するものですが、HTMLと同様にカスタマイズしながら活用を繰り返しています。

 

今では、完全マスターしたとはいい難い面がありますが、多少自由度のあるHPを作ることができるようになりました。